爪水虫の市販薬でコチラの治療|最適ケアとは

爪水虫の市販薬でコチラの治療法で。最適ケアで解消しましょう。
MENU

爪水虫の市販薬でコチラの治療法

爪水虫とは爪にできる水虫で、正式には爪白癬と言う病気です。
実は爪水虫はとても一般的な病気で、日本では約1200万人が爪水虫に罹っているという話もあります。

 

爪水虫の症状と原因

爪水虫の症状は、主に足の爪が白く濁り、分厚くなり、
分厚くなり過ぎると靴を履いた時に痛みを感じることがあります。
なお、爪には神経が無いので、自覚症状がないのが厄介です。

 

爪水虫の原因は白癬菌というカビで、これは10種類ほどあり、どこにでも存在します。
白癬菌が爪にとりついて感染すると爪水虫になりますが、感染経路はいろいろです。
たとえば、すでに水虫がある人は、その水虫自体が白癬菌ですし、湿った足拭きマット、
畳やネイル用品などにいる白癬菌が爪に付着します。
何しろカビなので目には見えませんが、生命力が強いのが白癬菌で、感染するとなかなか治りません。

 

爪水虫の治療対策

たかが爪水虫と放置しておくことは自分はともかく、他人に感染することを考えると好ましくありません。
したがって、爪水虫だと自覚したら、早めに皮膚科で診察を受けるようにしましょう。
爪水虫の治療には抗真菌剤を使いますが、内服薬と外用剤があり、基本的には内服薬を服用します。

 

爪水虫の内服薬治療

一般的には、爪水虫の治療には、ラミシール錠あるいはイトリゾール錠が処方されます。
ちなみになぜ内服薬かと言いますと、爪水虫での白癬菌は爪の表面ではなく、
奥深くに入り込んでいるので、外用剤の成分が届かないからです。

 

内服薬は長時間にわたり体内から白癬菌を死滅させるので、効果的です。
ただし爪水虫の治療薬は肝臓に負担がかかることもあるので、
定期的な血液検査と薬の使用量は医師の指示を守ることが大切です。

 

爪水虫を外用薬で治療

実は先に述べたような理由で外用薬は爪水虫治療にはあまり効果がありません。
ただし状況次第で外用薬でも効果が期待できますし、外用剤も進歩しています。
そして、内服薬も外用薬も、完治するには半年か1年はかかると思いましょう。
それは、爪が生え変わるサイクルが、たとえば足の親指で約6ヶ月で、
小指の爪の生え変わるサイクルは約1年だからです。

 

このページの先頭へ