爪水虫の市販薬でコチラの治療|最適ケアとは

爪水虫の市販薬でコチラの治療法で。最適ケアで解消しましょう。
MENU

爪水虫の市販薬でコチラの治療法

爪水虫とは爪にできる水虫で、正式には爪白癬と言う病気です。
実は爪水虫はとても一般的な病気で、日本では約1200万人が爪水虫に罹っているという話もあります。

 

爪水虫の症状と原因

爪水虫の症状は、主に足の爪が白く濁り、分厚くなり、
分厚くなり過ぎると靴を履いた時に痛みを感じることがあります。
なお、爪には神経が無いので、自覚症状がないのが厄介です。

 

爪水虫の原因は白癬菌というカビで、これは10種類ほどあり、どこにでも存在します。
白癬菌が爪にとりついて感染すると爪水虫になりますが、感染経路はいろいろです。
たとえば、すでに水虫がある人は、その水虫自体が白癬菌ですし、湿った足拭きマット、
畳やネイル用品などにいる白癬菌が爪に付着します。
何しろカビなので目には見えませんが、生命力が強いのが白癬菌で、感染するとなかなか治りません。

 

爪水虫の治療対策

たかが爪水虫と放置しておくことは自分はともかく、他人に感染することを考えると好ましくありません。
したがって、爪水虫だと自覚したら、早めに皮膚科で診察を受けるようにしましょう。
爪水虫の治療には抗真菌剤を使いますが、内服薬と外用剤があり、基本的には内服薬を服用します。

 

爪水虫の内服薬治療

一般的には、爪水虫の治療には、ラミシール錠あるいはイトリゾール錠が処方されます。
ちなみになぜ内服薬かと言いますと、爪水虫での白癬菌は爪の表面ではなく、
奥深くに入り込んでいるので、外用剤の成分が届かないからです。

 

内服薬は長時間にわたり体内から白癬菌を死滅させるので、効果的です。
ただし爪水虫の治療薬は肝臓に負担がかかることもあるので、
定期的な血液検査と薬の使用量は医師の指示を守ることが大切です。

 

爪水虫を外用薬で治療

実は先に述べたような理由で外用薬は爪水虫治療にはあまり効果がありません。
ただし状況次第で外用薬でも効果が期待できますし、外用剤も進歩しています。
そして、内服薬も外用薬も、完治するには半年か1年はかかると思いましょう。
それは、爪が生え変わるサイクルが、たとえば足の親指で約6ヶ月で、
小指の爪の生え変わるサイクルは約1年だからです。

 

 

爪水虫の見分け方のポイントは?

爪水虫になると、爪がもろくなって崩れたり、白く変色したりする事になります。
ただ、もちろん爪水虫以外の要因でそのような状態になる事もあります。
では、爪水虫の判別はどのように行えば良いのでしょうか?

 

まずは心当たりを探る

まずは、水虫があるかどうかを考えてみて下さい。
なぜなら、水虫も爪水虫も要因は白癬菌だからです。

 

そして、爪は肌よりも大幅に高密度で入り込みにくいので、
よほど水虫が悪化しなければ、爪に菌が入り込む事はありません。

 

現に、大半の爪水虫では、指の間や指先に元凶である白癬菌が見られます。

 

 

ですから、爪に留まらず、指やその周りが痒くないかですとか、
水虫に陥っていないか・過去に水虫になった事がないか、
などをチェックしてみる事が重要です。

 

爪が欠けたり割れていたりするのであっても、水虫が見当たらないのであれば、
単純に靴が小さかったり、激しい運動をしたりした事が要因なのかもしれません。

 

反対に、長年水虫で悩んできた方の爪が、黄色や白色に変色してきているのであれば、
それはほぼ100パーセント爪水虫です。

 

爪を確認

爪水虫になると、爪の色が変わります。
健康な爪は透明なはずですが、爪水虫に陥るか陥りかけると、
黄ばんできたり、白色に濁ってきたりしてしまいます。

 

そして、変色している場所が広くなってきたり、
爪がもろくなって欠けたり割れたりしてきているのであれば、
まず間違いなく爪水虫です。

 

爪の変色は、まだ爪水虫の初期症状ですので早めに手を打ちましょう。
割れ、欠け、めくれなどが生じている場合は、悪化してしまっていると考えて下さい。

 

日常生活をチェック

仕事などで靴を履く時間が長い方は、
靴の内部が高温多湿になり白癬菌が殖えやすくなるので、爪水虫に陥りやすくなります。
心当たりがある方は、そのような習慣を改善していくようにしましょう。

 

 

爪水虫は進行するとどうなるのか?

ここでは、進行度別に爪水虫の症状を紹介していきます。

 

初期症状

爪水虫の初期症状は主に以下の通りです。

 

◎爪の筋の増加
爪の筋の急激な増加は、爪が衰えている証拠です。
爪水虫の要因である白癬菌が原因である場合もあれば、
単純に栄養が足りていないという場合もあります。

 

◎爪の色の変化
健康な爪は「白く透明で、よく見ると多少黄色い」というくらいです。
しかし、爪水虫になると黄色が濃くなりますし、
さらに褐色も混ざってくる場合があります。

 

◎分厚くなる&濁る
爪が分厚くなってきたのであれば、爪水虫を疑った方が良いかもしれません。
また、爪は白く透明で、中の血色が見えるのですが、
爪水虫になると、白く濁る事が多いです。

 

 

また、その他の初期症状として、爪の周りに水虫ができたり
炎症に見舞われたりする事もあります。

 

悪化すると?

悪化すると、白癬菌に侵された場所から弱くなり、ぼろぼろ欠け始めます。
ここまでいけば、大半の方が爪水虫だと思うはずですよね。

 

また、黄色と褐色が混ざったような爪の色だったのが、
もっと褐色の度合いが強くなり、赤っぽくなります。
そして、茶→黒と徐々に暗い色合いになっていきます。

 

この時期になると爪は更にぼろぼろになり、
爪以外の場所でもあちこちが水虫になります。

 

悪化すると治療にくい

油断せずに、初期症状の内に治療する事が大事です。
女性はそのような事に敏感かもしれませんが、
男性の場合「どうせ靴で隠れるから」と放っておく方が多いような気がします。

 

そして爪水虫が悪化すると、医療機関で出される飲用薬を使う以外の方法では、
ほぼ治らなくなってしまいます。また、治療に取り組んだとしても
かなりの時間を要する事になります。
爪水虫の飲用薬には、肝機能障害などの危険性もあるので、
ずっと飲み続けるのは出来れば避けたいものです。

 

ですから、そもそも飲用薬を飲まなくても良いように、
そして時間を大幅に消費しなくても良いように、症状をエスカレートさせずに、
早めに治す事が大事です。

 

「周りの人への感染を防ぐ」という意味合いもそこにはあるはずです。
爪水虫 市販薬 塗り薬

 

このページの先頭へ